踏切前

徒然に

いっそ消えたいと思う

パチスロとか、コンビニの新商品とか、どこどこの人がどうのとかそういうのにあんまり関心がなくてそれを話題にした所で自分にはかかわりがないんだから馬鹿みてーって思う半面、そういうつまらないことに関心を抱くような人間になりたかった気もしてくる。誰も話が通じない感覚が爆発しそうで毎日、生きているのが嫌になってくるし、死んでもいいのに何でいきてんだろって思えてくる。30歳を超えたらそういうのはないよって頑張って生きてて結局、変わらない。毎日死にたいし生きててもしょうもない。漫画家になっていたかった。でもそういうわけでもない。些細なことでイライラして何もかもなくしてしまいたくなる衝動を抑える毎日という感じで、せめてあっさり死にたい。楽しかったことはここ10年で5時間くらいだ。